いびき 防止

いびきを防止するには?

いびきを防止するには、まず生活習慣を見直すことから始めてみましょう。
いびきは生活習慣病の一つといえます。
いびきをかくことによって呼吸の流れが悪くなり、体内を酸素不足にしてしまいます。

血液中の酸素が少なくなることで、
睡眠時無呼吸症候群という怖い病気も招く恐れがあります。
一時的な方法ですが、
寝るときの体制を変えてみるだけでいびきの症状が和らぐことがあります。

特に横向きになることで、
睡眠時に狭くなる上気道を仰向けで眠るより広く保つことができます。
いびきは空気を吸い込む時、のどを通る摩擦音が原因で起こります。

その摩擦抵抗を抑えることができるのです。

また、生活習慣の見直しをするのであれば、身体の肥満度をチェックしましょう。
太っているとのどに脂肪がついて狭い気道がますます狭められてしまいます。
特に、加齢が進むと肥満傾向になりやすくなるので注意しましょう。

アルコールにも原因があります。
お酒には、筋肉の緊張を緩和させる作用や鼻粘膜の充血といった作用があります。
ビールやワインを飲んで筋肉の緊張が低下すれば、
舌や顎の緊張もゆるみ気道を圧迫させることにつながります。

さらに、鼻粘膜の充血により一時的に鼻の空気の通りが悪くなることも考えられます。
これらの作用によっていびきが起こるのです。
禁酒は減量にもつながります。いびきは予防もできるし、防止もできます。

今一度、自分の生活習慣を振り返り考え直してみましょう。

オススメ!いびき対策グッズ

いびき対策

【 イビキノン(いびき改善サプリメント) 】

飲むだけでいびきが静かになるサプリメント!
健康、安眠、疲れやすい体質の改善に。
今なら80粒に増量中です!


いびき対策

【 スノアゴン 】

首に巻いて眠るだけでいびきを防止できます。
眠り心地も素材が良いので不快に感じません!
新しいいびき対策用品として注目されています。


いびき対策

【 アンチスノアリング 】

指輪をすることによっていびきストップ!
ツボを刺激することによりいびきを防止します。
旅行中などにこっそり持っていくにも便利。