いびき 高齢者

高齢者のいびきは危険?

高齢者がいびきをかくようになる原因は様々ですが、高齢者のいびきで危険なのは脳梗塞などの脳血管疾患です。高齢者でも特に高血圧の人のいびきは脳溢血の前兆になる場合があります。このような前兆には大きないびきの他にも結膜の充血などの出血傾向や尿失禁や血圧上昇などがあります。

いびきをかくのは、眠っている間に舌の緊張が緩んで舌がのどのほうへ下がってしまうために呼吸の通り道である上気道を塞いでしまうからです。そして、気道が狭くなると空気が十分に肺に入りませんから血液中の酸素が減ってしまいます。血液中の酸素は脳の活動には欠かせませんが、その酸素が少なくなった状態が続くと脳に障害が起きるのです。

この舌の緊張が緩むのは高齢者にありがちですから、高齢者→舌の筋肉が弱る→舌がのどの方へ下がる→のどの上気道が塞がるか狭くなる→空気(酸素)が体内に入りにくくなる→酸素不足になる→脳に酸素が行かなくなる→能に障害が起きる、と言う順序になるのです。

高齢者に限らず仰向けで寝ると舌がのどに落ち込んでしまい気道が狭くなりますし、気道だけではなく鼻詰まりは口呼吸につながりますからいびきをかくようになってしまいます。したがって、気道を確保するために色々な対策を講じるようにすることがいびきをかかないようにするのには欠かせません。

オススメ!いびき対策グッズ

いびき対策

【 イビキノン(いびき改善サプリメント) 】

飲むだけでいびきが静かになるサプリメント!
健康、安眠、疲れやすい体質の改善に。
今なら80粒に増量中です!


いびき対策

【 スノアゴン 】

首に巻いて眠るだけでいびきを防止できます。
眠り心地も素材が良いので不快に感じません!
新しいいびき対策用品として注目されています。


いびき対策

【 アンチスノアリング 】

指輪をすることによっていびきストップ!
ツボを刺激することによりいびきを防止します。
旅行中などにこっそり持っていくにも便利。