いびき 口呼吸

口呼吸だといびきになり易い?

口呼吸はいびきの大きな原因の一つで、いびきをかく人は口呼吸をしているか口を開けたままで寝ています。いびきは上気道が狭くなることが大きな原因ですが、口呼吸では鼻呼吸の時よりも上気道が狭くなるのでいびきをかき易くなります。また、口を開けて寝るのも同じ様に上気道が狭くなりますからいびきをかき易くなります。

また、口呼吸はいびきをかき易いだけではなく、様々な弊害があります。口呼吸をしているとのどの疾患に罹りやすいですし、虫歯にもなり易いと言われています。また、頭痛の原因にもなります。味覚障害やドライマウス、口内炎にも気をつけなければなりませんし、風邪を引き易くもなります。

鼻腔には外部から入り込んだ異物を取る作用や空気を温める働きや乾燥した空気に湿り気を与える働きがありますから、私たちは鼻呼吸をして異物が体内に入るのを防いだり、冷たい空気が肺に入るのを防いでいます。ところが口呼吸では空気が直接肺に入ってしまいますから風邪を引き易くなったり、空気中の小さなほこりやダニなどアレルギーの原因になる物質を取り除くことができません。したがってアレルギー症状が出易くなったりするのです。

鼻の中の鼻毛は空気中のほこりなどが体内に入るのを防ぐ役目がありますから無闇に鼻毛を抜かないようにしましょう。

オススメ!いびき対策グッズ

いびき対策

【 イビキノン(いびき改善サプリメント) 】

飲むだけでいびきが静かになるサプリメント!
健康、安眠、疲れやすい体質の改善に。
今なら80粒に増量中です!


いびき対策

【 スノアゴン 】

首に巻いて眠るだけでいびきを防止できます。
眠り心地も素材が良いので不快に感じません!
新しいいびき対策用品として注目されています。


いびき対策

【 アンチスノアリング 】

指輪をすることによっていびきストップ!
ツボを刺激することによりいびきを防止します。
旅行中などにこっそり持っていくにも便利。