いびき メカニズム

いびきのメカニズム

いびきは眠っている時に発する音で、その音の大小や種類は様々ですがいびきをかくメカニズムはどのようないびきでも同じです。いびきは呼吸する空気の通り道であるのどや鼻(これを上気道とか気道と言います)の中の粘膜が呼吸をした時に振動を起こし、音が出る状態のことです。

私たちは常に呼吸をしていますが、いつもいびきの音が出る訳ではありません。いびきの音が出るのは眠っている時だけです。何故睡眠中にいびきが出るのかと言いますと、眠っている時には上気道が狭くなり易いことが関係します。舌がのどの方へ下がったりして上気道が狭くなると呼吸する空気の流れは狭いところを通るので速くなり、そのため空気の抵抗が大きくなります。そして、抵抗が大きくなると上気道の粘膜の振動が増えて音が出ますが、その音がいびきなのです。

私たちは眠っている時には全身の筋肉が緩んだ状態になりますが、舌を支える筋肉も上気道の筋肉も緩みます。そして筋肉で支えられている気道も狭くなります。そこで、起きている時と同じ量の空気を眠っている時に吸おうとすると、気道が狭くなっている分だけ空気の速度が速くなりますからいびきの音が発生するのです。

なお、このように気道が狭くなる原因にはアルコール類の飲みすぎや疲労、あるいは肥満、鼻の病気や老化などがありますが、これらの全ては上気道が狭くなることにつながっています。

オススメ!いびき対策グッズ

いびき対策

【 イビキノン(いびき改善サプリメント) 】

飲むだけでいびきが静かになるサプリメント!
健康、安眠、疲れやすい体質の改善に。
今なら80粒に増量中です!


いびき対策

【 スノアゴン 】

首に巻いて眠るだけでいびきを防止できます。
眠り心地も素材が良いので不快に感じません!
新しいいびき対策用品として注目されています。


いびき対策

【 アンチスノアリング 】

指輪をすることによっていびきストップ!
ツボを刺激することによりいびきを防止します。
旅行中などにこっそり持っていくにも便利。