いびき 理由

実は病気かも? いびきが危険な理由

いびきは、自覚症状がほとんどなく、家族から指摘されてはじめて認識する場合がほとんどです。しかし、「自分はいびきをしている」と知っても、特に痛かったり具合が悪くなるわけではないので、そのまま放置する人もいるのが現状です。家族から検査を勧められても、「たかが、いびきくらいで大袈裟な」という反応をする人もいるのではないでしょうか? しかし、この「たかが」と思っているいびきが、思わぬ危険を持っているのです。

いびきをしているということは、喉が圧迫され気道が塞がっている証拠なのです。そのため、呼吸状態は悪くなり、十分な睡眠を得ることができません。「何となく体がだるい」、「十分寝たはずなのに、昼間でも眠くなってしまう」という人は、実はいびきによる睡眠不足が原因となっている場合があります。

いびきをかくとき、「呼吸が止まっているようになっている」と言われる人は、「睡眠時無呼吸症候群」の可能性も考えられます。無呼吸症候群になると、循環器系や呼吸器系に重大な障害を招きます。適切な治療を受けず放っておくと、心臓に負担がかかり時には死に至る場合があります。

いびきは、身体が危険状態であることを知らせているのです。様々ないびき解消グッズや改善方法があります。周囲に指摘されはじめたら、自分に合ったいびき対策を見つけることからはじめていきましょう。また、呼吸状態に少しでも違和感を感じたら、迷わず病院の専門外来へ行き検査に行くことをオススメします。早期の改善が、危険から身を守る一番確実な方法になります。

オススメ!いびき対策グッズ

いびき対策

【 イビキノン(いびき改善サプリメント) 】

飲むだけでいびきが静かになるサプリメント!
健康、安眠、疲れやすい体質の改善に。
今なら80粒に増量中です!


いびき対策

【 スノアゴン 】

首に巻いて眠るだけでいびきを防止できます。
眠り心地も素材が良いので不快に感じません!
新しいいびき対策用品として注目されています。


いびき対策

【 アンチスノアリング 】

指輪をすることによっていびきストップ!
ツボを刺激することによりいびきを防止します。
旅行中などにこっそり持っていくにも便利。