いびき 睡眠障害

いびきと睡眠障害の関係性

いびきと睡眠障害は関係があります。睡眠中は舌の筋肉や喉の奥の筋肉が緩みますからのどの方へ下がり気道が狭くなります。気道が狭くなると呼吸での空気が口の内の柔らかい部分をこすりますから、その摩擦の音がいびきになります。

大概の人はいびきをかきますが、ある調査によりますと一晩の間に最低でも一回はいびきをかく人は二人に一人以上で、高齢者になるといびきをかく人が増えます。また、かなり体が疲れきっている時や、アルコールを飲み過ぎた場合、さらには鼻炎や扁桃腺炎などの病気の時もいびきをかきやすくなります。

いびきと睡眠障害との関係で一番注意しなければならないのは睡眠時無呼吸症候群(SAS)という睡眠障害です。睡眠時無呼吸症候群(SAS)は眠っている時に無呼吸の状態が発生する病気ですが、寝ている間に10秒以上の無呼吸の状態が続き、それが1晩に30回以上発生すると言うものです。

大きないびきをした後で急にいびきが止まって無呼吸の状態になり、そしてその後で空気が抜けるような高い音がしたり、大きないびきをするような様子があれば睡眠時無呼吸症候群を疑ってみましょう。

睡眠時無呼吸症候群は様々な病気に関係します。無呼吸の状態では酸欠状態になりますから動脈硬化や高血圧などの原因になりますし、心不全や脳梗塞などの重大な病気になる可能性もありますから、このような状態に気がついた場合には睡眠外来を受診するようにしましょう。

オススメ!いびき対策グッズ

いびき対策

【 イビキノン(いびき改善サプリメント) 】

飲むだけでいびきが静かになるサプリメント!
健康、安眠、疲れやすい体質の改善に。
今なら80粒に増量中です!


いびき対策

【 スノアゴン 】

首に巻いて眠るだけでいびきを防止できます。
眠り心地も素材が良いので不快に感じません!
新しいいびき対策用品として注目されています。


いびき対策

【 アンチスノアリング 】

指輪をすることによっていびきストップ!
ツボを刺激することによりいびきを防止します。
旅行中などにこっそり持っていくにも便利。