いびき ストレス

ストレスでいびきをかく?

ストレスが溜まったり、働き過ぎだと体は無意識に口から出来るだけ多くの酸素を取り込もうとするものです。そして、眠っている時にこのような呼吸をすると口や舌の筋肉が緩みますから気道を狭めてしまい、いびきをかくようになります。

したがって、ストレスといびきとの因果関係はあると言えます。そうでなくてもストレスを溜め込んでいるような精神状態ではまず熟睡することが出来なくなります。うつらうつらと眠っていて眠りが浅くてもいびきをかきます。そして、眠ろうとすればするほど眠らなくてはいけないと言う観念や自分で気がついたいびきがさらにストレスになってしまいます。そうなるとストレスと睡眠不足、いびきの悪循環になってしまいます。

まずストレスを溜めないことと、過労にならないようにして、せめて寝る時くらいはリラックスしたいのですが、ここにもいびきの落とし穴があります。それはリラックスのあまり舌や口の筋肉が緩んでしまい、緩んだ舌がのどの気道を狭くしてしまうからです。気道がせまくなるということは呼吸する空気の通りが悪くなることです。そして、無理に呼吸しようとするとのどの気道を空気がこすりますから、その音がいびきになります。

ストレスを溜めてもいびきをかきかすが程度を越したリラックスもいびきの原因になりますから、いびき対策として横向きに寝るとか鼻が詰まらないようにするとか、色々と工夫をして寝るように考えてください。

オススメ!いびき対策グッズ

いびき対策

【 イビキノン(いびき改善サプリメント) 】

飲むだけでいびきが静かになるサプリメント!
健康、安眠、疲れやすい体質の改善に。
今なら80粒に増量中です!


いびき対策

【 スノアゴン 】

首に巻いて眠るだけでいびきを防止できます。
眠り心地も素材が良いので不快に感じません!
新しいいびき対策用品として注目されています。


いびき対策

【 アンチスノアリング 】

指輪をすることによっていびきストップ!
ツボを刺激することによりいびきを防止します。
旅行中などにこっそり持っていくにも便利。